火災保険の仕組み

火災保険の保険料はどうやって決まる?|火災保険の仕組み

火災保険の料金は、主に建物の構造と補償する内容が重要な項目になります。
それに特約などモロモロあって保険会社の料率によって保険料が決まっています。

 

火災保険の仕組み

保険に加入する時には、建物の形態や構造(柱や耐火基準)そ自己申告する形ですので間違えないようにしましょう。

 

もし実際と違う内容で火災保険に入っていたら、いざという時に保険が下りないっ、なんてことになりますから注意してくださいね。

 

 

あとは専門的な話になりますが、建物の評価額の算定方法もいつくかの種類があります。

 

建物については新築と中古、建築費、構造級などで細かく決められていて、内容が難しいです。
気になる方は実際に保険料の試算などの際に聞いてみるといいでしょう。

 

家財については、自分の家財の価値がいくら位なのか、もしもの時、そのうちのいくらを補償してほしいのかを想定して保険の価額とします。

 

そんなこといってもワカラナイ・・という場合は、家族構成と年齢でだいたいの目安が表になっているので参考にしてください。

 

≫≫ 火災保険の仕組みを簡単に解説しています。